顧問弁護士をつけるメリット

顧問弁護士のメリットを
紹介します。

「顧問弁護士は費用がかかるばかりで、あまり活用できない」というイメージをお持ちではないでしょうか。「トラブルが発生したときに弁護士を探せばよい」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、顧問弁護士はトラブル時のみ役立つ存在ではありません。むしろ、迅速かつ的確なアドバイスによってトラブルを未然に回避することこそが、顧問弁護士の役割であるといえます。
顧問弁護士は企業のみなさまに寄り添い、サポートする存在です。

当事務所の5つのメリット当事務所の5つのメリット

当事務所の顧問サービスには、次の5つのメリットがあります。

メリット1

すぐに・誰でも・気軽に相談、迅速な対応が受けられる

通常、弁護士に相談する場合は、①弁護士を探す、②アポを取る、③相談しに行く、といった流れになります。インターネットが普及した現在では相談できる弁護士を探すことは容易ですが、弁護士に相談するまでには少なからず時間を要します。
弁護士と顧問契約を結んだ場合でも、弁護士と予定が合わない、電話が繋がらないといった不満はよく耳にします。
当事務所では、お電話、ファックス、メール等でも相談が可能ですので、迅速にお気軽に相談していただけます。
さらに、当事務所では、「チャター(Chatter)」と呼ばれるシステムを導入しています。チャターは、Salesforce社が提供している最先端の企業内SNSです。これにより、スピーディに弁護士と相談していただくことが可能です。また、チャターを利用することで、貴社の経営者様や法務担当者様のやり取りを、弁護士が常にモニタリングすることも可能です。

メリット2

それぞれの企業にあったアドバイスを受けられる

通常の法律相談では、事実関係だけではなく、会社の規模や事業内容についてうかがったうえで、会社の実情に合ったアドバイスを差し上げます。しかし、弁護士が一度の相談で会社内部の事情まで理解することは困難です。
顧問弁護士が継続的にご相談を受けることで、企業内の状況を十分に把握することができます。相談のたびに会社が置かれている状況を一から説明をする必要もなく、ニーズに合ったアドバイスを受けることが可能です。

メリット3

紛争予防や法的リスクの低減が期待できる

契約書の作成・チェック、新事業の立ち上げや契約締結時におけるアドバイス、商談や交渉のサポートを受けることができます。思わぬリスクに陥らないよう、事前にリスクや紛争を回避し、安心してビジネスを行うことができます。

メリット4

法務コストが減らせる

社内に自前の法務部を設けるためにはコストがかかります。顧問弁護士に企業内の法律問題を任せることで、社内に法務部を設置したときと同じ効果が期待でき、法務部門の人材確保、人材育成にかけるコストを効率よく削減することができます。

メリット5

社外に対する信頼が得られる

コンプライアンスの強化が注目されている今日において、企業内外の信頼や評判は大変重要です。当事務所と顧問契約を結んでいることを対内的・対外的にアピールすることで、貴社がコンプライアンスを遵守した企業であることをアピールすることができます。

0120-15-4640

ご相談予約フォームはこちら

受付時間
9:00~17:00 -
17:00~19:00 - - -

各事務所のお問い合わせ受付時間は、9:00~17:00(月曜日~金曜日)です。
※新潟事務所は土曜日・祝日の一部(9:00~17:00)も受け付けております。